サッカーが原因になることがあるオスグット

サッカーが原因になることがあるオスグット

オスグットは、成長期に体を酷使したことによって引き起こされる疾患のひとつですが、
部活動などで毎日サッカーをしているという場合には、その原因のひとつとして、
特に注意したほうがよいともいえます。

成長期の体内では、骨もまた急成長を遂げるようになりますが、他の結合組織も同様の
スピードで成長するとは限らず、かなりの無理が生じているものです。

こうした時期に、サッカーで急な走りこみのように膝や太ももといった部分を酷使することを
長く続けていると、骨の成長する部分に悪影響が及び、強烈な痛みをともなうようになるのです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。